Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサーサイト

公判のあと裁判所西門の前で意気高い10家族と西郡住民

 9月19日、西郡10家族の住宅明け渡し弾劾裁判闘争が、大阪地裁202大法廷の傍聴席を埋め尽くしてたたかわれました。
 2011年7月27日、八尾市は、田中市長名で、供託者に対して「全額納付または納付相談がない場合は、住宅入居契約を解除する」という催告状を送りつけてきました。これに対して、西郡支部と供託者は、同年8月25日に納付相談に住宅管理課に行ったところ、橋本課長ら住宅管理課は、何の説明もせず「個別にしかできない」といって納付相談を拒否しました。一切の責任は八尾市にあります。応能応益家賃制度の違法性とともに、10家族の住宅追い出しに1ミリの正当性もありません。
 この日の公判では、末光道正さん(八尾北医療センター院長)、佃文弘さん(西郡青年部長・供託者)、島瀬豊子さん(西郡支部・供託者)の3人が証言に立ち、八尾市の供託者10家族に対する住宅追い出しを徹底的に弾劾し、応能応益家賃制度による住宅追い出し・西郡更地化に絶対反対で闘うことを明らかにしました。
 証人尋問で、末光さんは、「応能応益で家賃を上げ、住民が住めないようにして追い出し更地化して資本に売り渡すことは、絶対許せない」と述べ、応能応益家賃制度によって1000人以上がムラから出て行かざるを得ず、その結果、高齢化し、子どもも極端に少なくなり、桂小学校の新1年生はたった8名だったことを指摘し、応能応益家賃制度が破綻している現実を暴露しました。また、8月25日の納付相談の実態は、説明や相談というものではなく、供託をやめろと強制するものであったことを事実をもって暴露し、八尾市を弾劾しました。さらに、応能応益家賃によって家族がバラバラにされ、とりのこされた4,5階に住む高齢者が亡くなるということも起きており、「福祉住み替え」要求を無視し続ける八尾市に対し、医師としても許せないと怒りを込めて証言しました。
 佃さんは、車を廃車にしたので駐車場を市に返す手続きをしたところ、住宅と駐車場は別々に契約してあるにもかかわらず、八尾市は「駐車場を返すなら住宅も返せ」と手続きを拒否してきたことを暴露し、「これは、供託者、供託闘争に対する不当な弾圧だ」と八尾市を弾劾しました。そして、「住宅の問題は部落の問題だけではなく労働者全体の問題。とくに低賃金で働く青年労働者にとって低家賃の住宅は必要。全国水平同盟は労働者階級の闘いのなかで共同性を取り戻していく。西郡支部青年部長として先頭で闘う」と証言を締めくくりました。
 証言の最後に立った島瀬さんは87才。今年1月に亡くなったご子息の大北昌和さんの意思を引き継いで証言台に立ちました。島瀬さんは、現在の住宅に住むようになった経緯を述べ「最初は借家だったが、共同水道で風呂もなく、雨が降ったら水があふれて衛生状態が悪く、ようけいウジがわいた」、「〈入り人〉ということで差別も厳しかったが、主人は住宅を建てるためにみんなと一緒になって何度も八尾市や東京に行った。そのため夫は仕事を首になったが、私が残業をして家計を支えてきた」と住宅を実現するまでの苦労を語り、西郡の闘いの歴史を証言。そして、「応能応益家賃については最初から説明はなかった。賛成していたのは吉村議員だけ。私らの言うことは何も聞いてくれなかった。その結果、若い人はみんな出て行ってしまって、年寄りばかりになってしまった。昔に比べるとお祭りもさびしくなった」、「昌和を、亡くなる前に家に連れて帰りたかった。エレベーターがあればつれて帰れたのにと思うと、残念で悔しい」と切々と語り、最後に「皆で建てた住宅だから皆で頑張りたい」とキッパリと証言しました。
 この日の公判闘争は、傍聴席を埋めた西郡支部、八尾北労組、関西合同労組などと一体となって、ギリギリと八尾市を追いつめました。
 次回公判は11月21日、10時半から。最終弁論となります。西郡住宅裁判闘争の勝利へ、大阪地裁に結集しましょう。



公判のあと裁判所正面玄関で杉並支部から檄布


公判のあと裁判所正面玄関で意気高く団結ガンバロー




 6月21日
2013年6月21日、住宅裁判を終え大阪地裁前で意気高い10家族と住民

 15年にわたって闘い抜かれている西郡住宅裁判闘争は、最大・最高の山場を迎えています。9月19日、大阪地裁・大法廷で島瀬豊子さん、佃文弘さん、末光道正八尾北医療センター院長が証人に立ち、応能応益家賃制度と八尾市の更地化を徹底的に暴き、弾劾して闘います。100名の傍聴席を埋め尽くし、3人とともに闘おう。大阪地裁202大法廷(1時半開廷)に集まろう!

全国水平同盟結成大会

八尾北・西郡16年の闘いが八尾市を追いつめている。全国水平同盟の登場が全国の労働者の共感を呼んでいる。傍聴闘争に起ちあがろう!
全国水平同盟委員長 西郡支部長 岡邨 洋

 声を上げることが大事です。全国水平同盟は、労働組合をつくって国鉄闘争やあらゆる闘いにつながっています。そういうまったく新しい解放運動を作っています。
 先日、大阪で開かれた自治労大会では、全国水平同盟の立ち上げと現業の民営化絶対反対を訴え、3000枚のビラをまき、結成大会のパンフを売ってきました。既成指導部を倒して職場の権力を取っていく、そういう闘いが始まっています。
 情勢が動き始めています。新自由主義の攻撃で大資本の意を受けて安倍政権が、成長戦略でTPPや総非正規化、首切り自由と、社会保障切り捨て、あらゆるものを金次第にする攻撃です。八尾市も同じ攻撃をかけてきています。
 しかし八尾北・西郡闘争の16年の攻防が絶対反対の団結で国・八尾市を追いつめてきました。民営化・外注化の八尾北医療センターの医療と介護をつぶし、応能応益家賃制度による住民追い出し、住宅の更地化を暴き出しました。エレベーターのない4・5階に住む住みかえ要求に、空いている住宅があるのに福祉住みかえをさせない!「死ねというのか!」団結の力で福祉住み替えを勝ちとろう。西郡支部の闘いが八尾北労組と共に住宅の機能更新計画の民営化・外注化、更地化・廃村を阻止しています。私たちの闘いが全国の労働者にどれだけの影響を与えているか。私たちの絶対反対の闘いは、橋下の道州制を打ち破る最前線の闘いです。橋下打倒の労働者の決起が始まっています。
 この中で、9月19日、10家族の住宅裁判があります。3人が証人に立ち、八尾市を徹底弾劾し、応能応益家賃制度の不当性を徹底的に明らかにします。傍聴席を埋め尽くし、3人と共に闘いましょう。

青年の闘いが始まった。労働者階級の真っ直中で団結を取り戻していく新たな解放運動を進めよう!
西郡支部青年部長 佃 弘文

 八尾市は、「駐車場を返すなら、住宅を明け渡せ」と言ってきました。これは私をはじめ住宅明け渡し・更地化に反対して闘っているみんなに対する弾圧です。絶対許せません。この気持ちで証言に立ちます。
 私は今年の春に、動労西日本の青年のストライキに連帯しスト支援闘争を闘いました。
 低賃金で青年の生きていく権利が奪われている中で、生活をしていけるような低家賃の住宅は必要です。この住宅問題は部落解放運動だけの課題ではなく、労働者全体の課題です。
 7月14日に私たちは全国水平同盟を結成しました。今までの部落解放とはまったく違い、部落民だけの枠で考える解放でなく、労働者階級のまっただ中で、労働組合を中心として、共に団結を取り戻していく部落解放なのです。運送会社で働く西郡支部の青年が、懲戒処分に反対の声を上げ、関西合同労組に結集して闘っています。私も西郡支部青年部長として責任を取るとともに、この住宅裁判を最後までやり切りたいと思っています。

(全国水平同盟西郡支部チラシより引用)

 9月15日、動労千葉と国鉄闘争全国運動の呼びかけた総決起集会が代々木公園ケヤキ並木で開催されました。全国から1100人の労働者・農民・学生・市民が集まり、渋谷の街を席巻する大デモンストレーションをおこないました。全国水平同盟杉並支部は、西郡支部とともに国鉄闘争勝利へ闘いました。9月25日、動労千葉鉄建公団訴訟控訴審の判決公判闘争に結集しよう!












国鉄1047名解雇撤回・動労千葉鉄建公団訴訟
東京高裁は解雇撤回・JR復帰判決を出せ!
新たな外注化・強制出向を許すな! 非正規職撤廃!
9.15総決起集会に結集しよう!



 全国水平同盟杉並支部は、9月8日、430の結集で闘われた「星野さんを取り戻そう!9・8徳島刑務所デモ集会」に参加しました。獄中38年、不屈に闘う無実の政治犯星野文昭さんを取り戻そう。全証拠開示で再審闘争に勝利しよう!狭山闘争と一体で星野闘争に勝利しよう!

















全国水平同盟杉並支部結成大会

 8月30日、東京・杉並区内において、全国水平同盟杉並支部結成大会がかちとられました。7月14日の全国水平同盟結成大会に続く東京・関東での旗揚げです。杉並支部員、関東のきょうだい、東京西部の労働者など85名の仲間が結集しました。
 議長の松田副支部長の開会挨拶の後、主催者挨拶にたった田中支部長が「本日をもって全国水平同盟杉並支部を結成します」と高らかに宣言。連帯の挨拶のはじめに、全国水平同盟の平沼事務局長が「西郡闘争の地平の上に、いよいよ新自由主義と闘う部落解放闘争が開始された。西郡、杉並に続いて水平同盟の発展をかちとろう」と訴えました。関東選出の小川執行委員は、「労働者階級に根ざした水平同盟の運動に人生を賭ける」と決意を語りました。
 さらに、部落解放東日本解放共闘岩本事務局長、全国合同一般全国協小泉事務局長、西部ユニオン吉本委員長、東京NAZEN北島邦彦さん、星野再審全国連絡会議から星野暁子さん 在本土沖縄労働者会議宮里委員長が挨拶が連帯の挨拶。それぞれの立場から杉並支部とひとつになって階級情勢を切り開いていく決意を述べました。また議長から、西郡支部、動労千葉、動労水戸など多くのメッセージが届いていることが紹介されました。
 大会議案の提起を狩野書記長がおこない、20年におよぶ全国連杉並支部としての差別糾弾闘争を、階級闘争から切断された血債主義・糾弾主義として総括。その中で、全国連本部との路線闘争に勝利し、西郡とともに新自由主義とたたかう部落解放運動をつくることを選択したこと、支部の闘いの中から階級的団結を掴み、自ら転換をかちとって全国水平同盟に結集したことを具体的かつ核心的に報告しました。そして、非正規職撤廃を正面課題に闘うこと、狭山闘争を発展させること、国鉄決戦に勝利すること、西郡住宅闘争に勝利することなどの闘いの方針を提起しました。また、全国水平同盟の規約が議長から提起され、確認されました。
 議案提起をうけた討論では、支部員から「地域ユニオンと水平同盟の発展を階級的労働運動でやっていく」「星野さんの再審と狭山闘争に勝利はひとつ」「地域ユニオンがあれば資本との職場闘争は一人でも出来る。仲間を増やしたい」「血債主義は階級の団結を阻む内なる壁だった。青年を組織し青年部をつくる」など、議案と響き合う意見が出されました。発言を求めた関東のきょうだいは「7・14結成報告集と今日の議案を読んで感動した。群馬のムラの状況は厳しいがともに闘う」と決意を語りました。
 議案・会計報告・人事案などを大きな拍手で一括採決。田中支部長が、新執行部を代表し「杉並支部は非正規職撤廃・国鉄決戦勝利!の闘いを貫き、組織拡大で次の世代に闘いを繋いでいく」と決意表明。団結ガンバローのあとインターナショナルを全員で斉唱して大会を締めくくりました。全国水平同盟の歴史的発展を共にかちとりましよう。

 全 国水 平 同 盟・規 約

[はじめに]
 「人の世に熱あれ、人間に光あれ」1922年3月、全国水平社は、ロシア革命の衝撃と感動をバネに結成され、またたく間に全国各地に組織を結成し、プロレタリア革命の前進に向けてつき進んだ。
 それから91年、日本帝国主義は、資本主義の最末期である新自由主義攻撃の全面的な破産の恐怖にのたうち回っている。全世界で革命情勢が本格的に煮詰まり、「生きさせろ!」の叫びが今、日本中で、世界中であふれ出ている。
 新自由主義による全世界共通の民営化・外注化・非正規職化の攻撃への怒りの炎が、権力・資本との絶対非和解の対決を生み出し、プロレタリア革命を求めて世界各地で燃え広がっている。
 しかるに、既成の部落解放同盟は頭から腐り果て、解放運動の抑圧物になりさがっている。
 今再び、部落解放へ新たな宣言を発する時が来た。新組織「全国水平同盟」の結成は、何よりも、今日の大恐慌と戦争・改憲情勢の切迫、3・11(大震災と原発事故)情勢のもとで激化する新自由主義攻撃に真正面から立ち向かう闘いだ。私たちは、ここに、新自由主義と非和解で対決し、国鉄闘争を軸に絶対反対・階級的団結の拡大でたたかう全く新しい部落解放の全国組織、300万部落民の解放と6000万労働者階級の解放のためにたたかう「全国水平同盟」の結成を宣言する。

[同盟の目的]
1.全国水平同盟の目的は、部落差別の撤廃と部落・部落民の解放にある。それは、あらゆる差別を許さない社会を築くことによって実現される。そのたたかいは、人間社会本来の共同性を取り戻し、誰もが誇りと喜びを持って共に生きられる新たな社会の建設のなかに部落民の解放を求める普遍的な、人類史的意義と広がりを持つ闘いである。

2.最末期の資本主義・帝国主義の絶望的なあがき(延命形態)である今日の新自由主義は、労働者階級の生活と生命を極限まで破壊し、ほんの一握りの支配階級だけが生き残ろうとする、まったく非人間的に転倒した、荒廃した社会を生み出した。その一番のあらわれが、1987年の国鉄分割民営化からはじまる社会全体を覆い尽くす民営化・外注化・非正規職化の攻撃である。この攻撃は、80年代地対協攻撃(地域改善対策協議会路線)による戦後部落解放運動の解体攻撃と、一体で進められた。
 85年~86年、動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)は、この攻撃に対して2波のストライキで闘い、労組破壊・団結解体攻撃をうち破り、団結と組合を守り抜いた。
 1982年の第二臨調-87年の国鉄分割・民営化と一体で進んだ80年代~90年代地対協攻撃のもとで、部落の解体、応能応益家賃制度による住民の追い出し、更地化攻撃、さらに、部落民労働者を含む労働者の非正規職化・首切りは急速に進んだ。
 それに対し既成の部落解放同盟は、資本のおこぼれを求めて利権に走り、それらの攻撃の手先になりはて、部落大衆を資本に売り渡した。多くの部落が破壊され、部落民としてのきずな(紐帯)が、断ち切られ、生活破壊が進行した。
 だが一方、八尾北医療センター労働組合を拠点に、道州制-更地化、非正規職化と闘う西郡(八尾北・西郡)の闘いは、動労千葉を先頭にした国鉄決戦と一体化することで、道州制・民営化攻撃を根幹からうち破っている。他の多くの部落ではすでに解体されたムラの紐帯も、絶対反対で闘う西郡では生きており、かけがいのない結集軸となっている。
 もうひとつの闘いの結集軸が、狭山闘争である。狭山闘争は、石川一雄さんの半世紀にも及ぶ絶対非和解の不屈のたたかいで、国家の部落差別犯罪を暴き出し、70年代から今日に至るまで、全国の部落大衆、労働者階級をつなぐ、階級的団結の砦(とりで)となってきた。新自由主義との最先端の闘いである狭山闘争を、外注化阻止・非正規職撤廃と一体の闘いとして闘う。

3.部落差別の本質は、資本主義の搾取と収奪、階級支配を貫徹するための資本による労働者階級の分断であり、団結破壊である。したがって部落差別撤廃・部落解放の闘いは、あくまでも団結を求め、団結を拡大する闘いである。
 また、新自由主義は、労働者階級のあらゆる紐帯・団結を解体し、バラバラにすることによってはじめて成り立つ、最も激しい分断攻撃である。だからこそ、新自由主義攻撃に真正面から立ち向かう闘いは、
被支配階級全体を一つにする階級的団結の闘いとなる。
 新自由主義と対決し団結を求めてやまない部落解放闘争は、労働者階級全体の階級的団結に拡大する闘いの最先頭である。したがって、階級的労働運動路線はそのまま部落解放の路線である。

4.非正規職撤廃の闘いは、労働者階級全体の団結と根底的な解放を求める闘いである。労働者の武器であり団結の具体的な形を示すものは、労働組合である。
 非正規職撤廃を正面課題にかかげ、労働者階級の解放をとおしてみずからの解放をかちとろうとする部落解放闘争は、無数の労働組合の建設、職場・地域拠点の建設にみずからの持てる力を注ぎ、労働組合の闘いを軸に、住宅・教育・医療・福祉などと更地化攻撃との全面対決を、支部建設の核心において闘う。

5.新自由主義と対決する部落解放闘争は、世界に開かれた国際的闘いである。プロレタリア革命の一環としての部落解放闘争は、日韓米を基軸とする国際連帯、プロレタリア国際主義の実践と前進のうちに部落民の自己解放の実現を求める闘いにほかならない。
 労働者国際主義の思想と精神で武装し、資本主義のもとでの搾取と収奪、差別と抑圧からの解放を求めて闘う全世界の労働者人民、被抑圧人民と連帯し、共に闘う。

[同盟の規約]
〈総則〉
第1条 本会は、全国水平同盟と称する。
第2条 同盟の目的は部落の完全解放はもとより、一切の差別に反対し、差別の根源である資本主義・帝国主義と対決し、労働者階級を主人公とする社会の建設にある。
第3条 同盟の組織は、300万部落民の自主解放のための大衆組織であり、6000万労働者階級全体の解放のための組織である。所定の同盟費を納め、同盟の目的に賛同して積極的に活動するものをもつて同盟員とする。
〈組織〉
第4条 同盟は中央本部と支部を基本組織としておく。本部は大阪・西郡におき、支部は地域ごとに3名以上の同盟員をもって支部とする。
〈機関〉
第5条 全国組織として次の機関をおく。
    全国大会
    執行委員会
第6条 全国大会は、同盟の議決機関であり、委員長の招集により、原則として年1回開催する。
第7条 執行委員会は、全国大会の諸決定を執行し、その執行については大会に対して責任を負う。
第8条 次の役員をおく。
    一、委員長    1名
    二、副委員長   若干名
    三、書記長    1名
    四、事務局長   1名
    五、執行委員   若干名
    六、会計     1名
    七、会計監査  2名
第9条 同盟員は同盟費を支払う。同盟の経費は同盟費、その他の収入によってまかなう。同盟費の金額は大会の議決によって定める。
〈附則〉
第1条 本規約は同盟結成大会で決定され、発行する。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。